物損に関する相談

交通事故では車対車による物損事故は一般的に起こりうるものです。しかしこの時にお互いの主張が異なっていたり、うそを言っていたりすると正しい過失割合を導き出すことができなくなってしまいます。そうなると交通事故に遭った当事者は大きくもめることになります。これは多くあることで極端なケースではありません。この時に過失割合に関して決定していくのはお互いの任意保険会社ということになります。しかし両者の言い分が異なっていたりすると保険会社が決定した過失割合が間違っていることもあり得るのです。

このように物損事故で多くある過失割合の判断に関しては弁護士に依頼をしてみるのもいいものです。弁護士は正しい判断を法に求めることや、また新たな証拠を探し出していくなどの方法を採ることがあります。お互いの保険会社が決めた過失割合に納得できない場合には弁護士に相談をしてみることで正しい判断をしてもらえる場合もあります。

交通事故で弁護士に相談する際には慰謝料や後遺障害に関するものが多く、過失割合で相談などできないと思う方もいますが、実際に相談する方も多いですし、何ら不思議なことではありません。むしろ納得できない場合には妥当な判断をするために相談をした方がいい場合も多いものです。